まつげエクステンションの日頃のお手入れ方法や洗顔方法について

まつげエクステンションの右と左に差ができる原因とその対策方法

2017年08月31日 12時48分

【まつげエクステンションの右と左に差ができる原因とその対策方法】
■1番目は、常に左右対称のまつげエクステンションをキープする対策方法です。
それには「こまめなメンテナンス」が不可欠です。
まつげエクステンションの場合は2週間から3週間に1回リペアすることをお薦めします。

睫毛パーマの場合は3週間から1カ月に1回のペースでのかけ直しが理想的です。
睫毛のダメージが気になるならば、睫毛美容液を使ってホームケアしましょう。

■2番目は、睫毛パーマが片方だけ取れやすかったりかかりにくい場合の原因です。
・睫毛の毛質や目や瞼の形が左右非対称である
・睫毛の毛周期が右と左で違う

睫毛パーマやまつげエクステンションをして左右のバランスに差が出るのは上記のような理由が想定されます。
瞼の形や目の形・睫毛の毛質が左右対称の人は珍しいです。
多かれ少なかれ左右非対称の人が多いです。

■3番目は、まつげエクステンションが片方だけ取れやすい場合の原因です。
・片方の睫毛だけを頻繁にさわるような癖がある
・とれやすい方のまつげエクステンションの方を下向きにして眠っている
・前髪が目にかかってしまって刺激になっている

・睫毛の毛質・目や瞼の形が左右非対称である
・二重よりも奥二重、奥二重よりも一重のほうがまつげエクステンションは取れやすくなります。
・睫毛の毛周期が左右で違う
・メガネかけた場合に睫毛がレンズにあたっている

こういったことが原因として考えられます。